古都チェンマイでエクソシスト

タイ北部のチェンマイで経営してきた和食惣菜店がコロナで閉店。 その後、タイ語ー日本語の翻訳者となりました。 タイのメディアを騒がすニュースと地元臭いニュースに焦点を当てて要訳・解説してます🍊

カテゴリ:タイの三面記事 > 日本にいるタイ人

🔷🟠タイのニュース・三面記事🔷🟠2023/12/27🔷🟠


❣️📖❣️📖❣️📖❣️📖❣️📖❣️📖

ジャパゆきさん→
売れっ子作家の壮絶半生

❣️📖❣️📖❣️📖❣️📖❣️📖❣️📖



【要訳】
1980年代に多くのフィリピン女性が
”ジャパユキさんとして日本に出稼ぎに来ていた時代を
覚えている方も多いだろう。


その頃、フィリピン女性ほど多くはないが
タイ人女性もまた日本に出稼ぎに来ていた。


今日ここで書くのはその”ジャパユキさん”の時代

日本に来てヤクザの管理下でセックスワークをし、

命辛々タイに逃げ帰った女性の半生で、


タイでは彼女が書いた”自伝”が出版され、
6-7年ほど前に一大ブームとなっていた。

2
タナダーさんは今年で53歳となる




その彼女が自身の半生を自ら語る番組を見つけたので
ここでメモがてら書いておくことにした。


彼女の名前はタナダーさんと言い。
現在53歳になる。

4
大ヒット作となった頃はあちこちのメディアから
インタビューが殺到していた





●初めてのセックスワーク

タナダーさんが初めてセックスワークをしたのは
タイ国内のパタヤー

タナダーさんは18歳で思わぬ妊娠をし、出産。

最初は皿洗い等の仕事をしていたが報酬の少なさから
パタヤーの酒場で働く事にした。

酒場にはガラス張りの部屋があり、
そこに何人もの女性が座っていて自分も座るように
言われ、その仕事が”お客に選ばれた女性は一緒に
お酒を飲む”
だけたと思っていた。


しかし、それはお客と一緒にお酒を飲むだけでは
ない
事を知った。


その初めての”お客”の時、出産したばかり
タナダーさんは当然母乳が出る。

お客は”もういいから帰れ”と言って何もせず
4千バーツ(約16000円)を渡した。

15
本がブームになった頃はあちこちのメディアに出演






●初めての海外出稼ぎ

タナダーさんはその時”こんなに簡単にお金が
稼げるんだわ”
と嬉しくなり、セックスワークを
続けていたがパタヤーでエイズが蔓延


怖くなって一時期はバンコクの実家に帰っていたのだが、

近所の人に”海外で働かないか?”と誘われ、

その人に借金をして旅費を捻出し香港に向かった。


仕事内容がセックスワークである事は承知の上だったし
まず旅費の借金を返すために”150人のお客”
取れと言われていた。

14
左は去年、タイで大ブームを起こした
インドの売春婦に労働者としての権利を求めた
運動家”カンクーバイ”の伝記映画
右がタナダーさんの自伝DVD





香港に到着したタナダーさんは1日に7-8人
お客をとったが雇用主からは”もっと客を取れ”
命令される。


タナダーさんは最初の10日で”借金分”の150人
のお客をこなしたが、ここにいるともっと
客を増やせ
と言われるばかり。


香港で働いたのは20日ほど。

その後、出稼ぎのエージェントをしていた人に
誘われ日本に渡った

11
出版した第1シリーズ






●新宿のヤクザのパパと”エリー”という名

タナダーさんが働いたのは新宿のあるお店。

経営者はヤクザでタナダーさんたちは
ヤクザの事務所に住まわされ、
24時間監視されるようにして働かされる。


事務所のリーダー的なヤクザの男を”パパ”
呼ぶように言われ、タナダーさんはパパから
”エリー”と名付けられた。


事務所のリーダー的な男には韓国人女性の妻がおり、

何人もの外国人女性が働かされていたが、

男は少しでも気に入らない事があると女性たちを
半殺しの目に遭わせ、タナダーさんも歯を
全部折られる
ほどの重傷を負って病院に担ぎ込まれた。

5
逃げた先の横浜でお客の一人と結婚






●パパの逮捕と横浜での結婚

新宿で強制的にセックスワークをさせられて
約1年になろうかという時、この”パパ”が殺人罪
逮捕され、働いていた外国人女性はそれぞれの国の
大使館に送られた。


タナダーさんは”タイには帰りたくない”と思い
横浜で働き始める。

そこで知り合った自分の客の一人と結婚。

その男性は建設会社を経営していて、
結婚後はその仕事を手伝う事になった。


その結婚は4年続いたが、手伝わされる仕事の重さに
我慢が出来ず、実家への仕送り分を稼ぐため
夫に黙ってまた”セックスワーク”の仕事に舞い戻り、
”街角に立って客をつかまえた”


その時に警察に逮捕されタイに強制送還される。

6
日本で結婚生活をしていた頃






●再び日本で夫と再会

強制送還されたタナダーさんはどうしてもまた
日本に戻りたくて”日本に行くのは初めてだ”と嘘をつき
出稼ぎエージェントに頼み日本行きを決めた。


今度の働く先は”スナック”と決まっていたが、
タナダーさんはそのスナックには向かわず逃げて

成田空港から電車で横浜に向かった。


目的は”夫”と会うためだ。

7
夫に会いたくて日本に舞い戻ろうと決心





そのスナックでの仕事を取り仕切っていたのも
”ヤクザ”で横浜に逃げる道中も追って来ていたという。


結局、夫に再会したタナダーさんは夫との
夫婦生活に舞い戻った。

しかし2年が経過した頃からタナダーさんは
夫に隠れてまたセックスワークの仕事に戻る。


目的は”実家への仕送り”のためだった。

夫との生活には不自由しなかったが、
実家への仕送りのお金はもらえない。

そのために街角に立つしかなかった。

9
まだ20代の時?






●再度ヤクザから半殺しにされる

街角に立つにもヤクザが場所を仕切っていて、

タナダーさんは客を装ったヤクザにホテルに連れ込まれ
暴行を受け、何らかの薬剤を注射された。


意識が朦朧とするタナダーさんを車に乗せたヤクザは
そのままタナダーさんを路上に捨てて走り去った。


その時、運よくパトカーが通ってタナダーさんは
一命を取り留めたが、回復するとタイに強制送還され
1年の入国禁止が付けられた。

1
     タナダーさんのシリーズは全部で7冊






●夫との永遠の別れ

入国禁止があと3-4日で明ける頃、
タナダーさんは日本行きのチケットも用意し夫に
”もうすぐ会える”と連絡し合っていた。


しかし旅の支度の買い物に行った先で車に乗せてくれた
男性にホテルに連れ込まれ、危機感を感じた
タナダーさんは相手の飲んでいるビールに持っていた
”ヒロポン”を混入した。


それは男性が眠ったすきに逃げ出そうという
魂胆からだった。

男性はトイレで倒れ眠り込んでしまったので
そのすきにタクシーに乗って逃げようとしたら
ホテルのボーイに呼び止められ、ボーイの呼んだ
警察官に囲まれ警察に連行された。

23
メインの話は4部に分かれている
ピンクの表紙のものが日本での経験談





●3年半の懲役と新たな恋愛

あと4日で再び日本で夫と会えるはずだったのに

タナダーさんは”薬を盛った上での窃盗容疑”

収監され3年半の懲役刑となった。

刑期が明けて働き出した頃、メークローンで
衣料品の商売をする男性と知り合い7-8年付き合う。

しかしこの男性との恋愛も破局を迎えた。

タナダーさんは30歳になっていた。

33
タナダーさんの作品の一つである
”ヤクザの妻”





●再び海外でのセックスワーク

新たな恋愛に敗れたタナダーさんは再び海外出稼ぎ
決心。今度の行き先はバーレーン

バーレーンで働いたのは約3年


3年目に警察に逮捕され”セックスワークは
バーレーンでは違法”
だったと知った。

そしてまた強制送還


強制送還とは言え、航空機運賃は自分持ち

お金のなかったタナダーさんはこの時、
タイ人の友人に2万バーツを借りてタイに舞い戻った。

10
      コンクール優勝時の表彰式。
      手にするのは優勝賞金の小切手の巨大版






●借金が産んだ自叙伝の大ヒット

タイに帰ってからは実家にいたのだが、

借りた2万バーツを友人が取り立てに来る。

普通に働いてもそう易々と返せる金額ではない。


そんな時、姉から”自叙伝のコンクールがあるから
応募してみれば?”
と聞かされる。


”文章”を書くなんて学生時代以外にやった事がなく
全くノリ気がしなかったが、

優勝作品以外にも数々の賞が用意され、
その金額を見て”少しでも借金返済の足しになれば”
渋々書いて応募した。

12
最一作目の出版






●優勝そして自叙伝の出版

タナダーさんの自叙伝のシリーズは全部で7冊あり、

そのうち1冊は英語版だ。


7冊もの本を出版しヒットさせて来たタナダーさんだが、
タナダーさんはキーボードが打てない。

本のタイトルも、各章のタイトルも最初はなく、

ただ手書きの原稿を120枚づつ担当者に送った。

44
このピンクの表紙は日本での体験談が書かれている
タイトルは”残虐のジャパン”






●現在”売春業”をしている人に伝えたい事

タナダーさんは自分の20年に亘る”セックスワーク”
従事した人生を振り返りこう話した。


”私は20年以上体を売って生きて来ました。

けれど一度だって金持ちだった事はないし
有名にもなれなかった。

過去に売春をしていた事を責める人もいます。

けれど気にしないで。

体を売る仕事は辛いです。私は誰にも体を売る
仕事には就いて欲しくないんです。”


 

タイのニュース🟥三面記事2024/01/04)
暴力・支配依存症のムエタイトレーナー

タイのニュース🟥三面記事2023/12/18)
児童労働搾取か?仏陀のAvaterは8歳

タイのニュース🟥三面記事2023/12/18)
演歌と複雑恋愛/あるタイ演歌女王の場合

タイのニュース🟥三面記事2023/12/14)
10m先へ異動処分/警官7人カップル賄賂強要強姦

タイのニュース🟥三面記事2023/12/12)
警官7人がカップルに賄賂強要強姦

タイのニュース🟥三面記事2023/12/08)
買える警察?タイ警察コスプレ中国人観光客

タイのニュース🟥三面記事2023/12/05)
日本人Youtuber動画が証拠/Pattaya未成年買春Bar

タイのニュース🟥三面記事2023/11/29)
独国営TVの外圧で変わるか?ワイロ天国タイ

御注意)シェアはご自由にどうぞ。

翻訳文の著作権は@MadokaraHiroshi.comに帰属します。

ご引用の場合はoroshigane16masako@gmail.comまでご一報下さい。
無断での転載・引用
・改変は一切お断り致します。
無断転載・引用・改変発覚した場合は
法的措置を取らせていただきます。


 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村


#タイのニュース #タイの三面記事 #日本にいるタイ人 #ジャパゆきさん #タイ人の海外出稼ぎ

#แันคือเอรี่

#ข่าวช่อง8 #ข่าวไทยแปลภาษาญี่ปุ่น​ #คนญี่ปุ่นแปลภาษา #タイ語翻訳

🔷🟠タイのニュース・三面記事🔷🟠2023/05/28🔷🟠

タイ国内にいる日本人で大昔日本に
出稼ぎに来ていたタイ人
に話しかけられた方は
多いと思う。


筆者が会ったのは殆どが40ー50歳以上

どこにいたの?と聞くと”チバケーン、マツドシー”
とか
”ナガノケーン”とか、
田舎に行っていた人が多い。


近年は円も弱くなってタイ人で出稼ぎをする人は
アジアなら韓国やブルネイなんかが多いようだ。

16
これは2019年のPBSのFacebookページに載った
タイ人の出稼ぎの行先と報酬









先日、入管法が改悪された事をご存知の方も
多いと思うが、この入管法にしても
参考までに韓国と比較してみたら
韓国の方がずっと人道的だった。


例えば、ノービザで入国して違法な形で働いていて
捕まってもだいたいは”罰金刑”で、

あとは滞在期限が過ぎているなら延長手続きが
できるならして、出来ないなら帰国を
促される
だけのようだった。


間違っても日本のように無期限で入管施設内に
閉じ込められ、牛馬のように扱われる
なんて事はない。


このような”日本の入管の劣悪さ”は日本に滞在中の
タイ人の間でも恐れられているようで、

タイの”Yahoo知恵袋”とも言える
何でも質問箱サイト”Panthip”でも
”恐ろしい日本の入管に捕まらない?”

みたいな投稿をたまに見る。


今日ご紹介するニュースは”日本への出稼ぎ”に
応募した人
がいざ、日本に来てみたら
どこかわからない山奥の掘建て小屋
みたいなところに押し込められ、

言っていた仕事もなく、仕方なくタイ領事館からの
救援
を待っていると言う話題。

🍀
🍀🍀🍀🍀🍀
窮地!!ここどこ?
日本に出稼ぎの筈が…
🍀🍀🍀🍀🍀🍀

 

【要訳】
映像に映るのはどこかの山地にあるビニールハウス

投稿された映像によると、騙された6人
この中で共同生活を強いられているようだ。

1
ここがどこかわかる方おられますか?
本人は山の上だと言っているけど
電気もガスも水道もない







映像の音声)

00:20-)【要訳】

見てよ。

日本に来てこんな酷い目に遭って。

ほら、水浴びの為の水汲みに行ってるんだ。

去年の11月27日から日本に来て、

困難の極みだよ。

煮炊きをするガスもないし、

電気も来てないこんな山の上で、

もう、絶対騙されたに違いない。

見てよ。水道もないから雨水で水浴びするんだよ。

だから雨が降らなかったら水浴びさえできないんだ。

3
      水道もないから雨水を貯めて使う









ここの6人は”ソムさん”と言う人物から
”月給6-7万バーツ(約24-28万円)”でパクチー栽培
する仕事が日本にあると聞いてソムさん
渡航手続き等の一切を任せ、渡航費用を含む手数料
14万バーツ(約56万円)を支払った。


ソムさんが航空券の購入をしたのは本当で、

手続き費用を差し引いてもソムさんの利益
一人当たり3万バーツほどにしかならなかった。


彼らが日本に到着するとソムさんの知り合いの
日本在住のタイ人
に彼らの事は任された。

このソムさんの知り合いは6人を
”仕事のための住居”に案内
しただけで、
その後は全く放ったらかしにされている。

2
絵面だけ見てたらタイの田舎の家のよう






渡航前にあると言われていた仕事などは全くなく、

6人はまた別のタイ人に雇われる事になった。

しかし、やっぱり仕事はなく、当然給料もない


6人はタイに帰る渡航費をタイ人の雇用主に求めたが、

渡航前に約束した”労働をする期間”も過ぎていないのに
なぜ帰らさねばならないのかと拒否された。

5
      日本で困難な状況に陥った親戚を助けるべく
      ソムさんに連絡を取るが…









日本にいる6人のうちの一人の親戚
6人の困難な状況に心を痛め、
ソムさんを探し出し連絡を取り、

6人がタイに帰国出来るよう責任を取ってほしいと
頼んだが、ソムさんは6人の渡航手続きをしただけで、

彼らを騙したと言う意識はなく、

責任は自分にないと言う。

13
ソムさん(赤い服)にインタビューするが
”私は自分の役目を果たしただけ”と
6人の今の状態に責任は持てないと話す







ソムさんインタビュー)

03:40-)【要訳】

預かったお金は返せません。

私は航空券も買って、他の手続きも私がしましたから、

私の役目はそれだけで、もう終わっています。

50万バーツ払ったと言ってる人もいるようですが、

違います。14万バーツの間違いです。

彼らは日本でパクチー栽培の仕事に行きましたが、

今日本は冬なので仕事がないので

耐えるしかないです。

掘建て小屋に押し込められたとか、

それも私には関係ありません

14
トンさんは”ママカーイ”と言う人物が
今の自分たちの雇用主となっている







この6人のうちの一人であるトンさん

テレビ電話インタビューに答え、

日本で今彼らを雇った事になっているのは
”ママカイ”と言うタイ人で、

自分たちが労働ビザもない”違法労働”
しに来た事を認め、入管に大人しく摘発される
しかないと話し、取り敢えずタイ領事館に
連絡する
つもりだと言う。


その後は、タイ領事館に頼んで
タイに帰国するまでの”緊急ビザ”
日本の入管に発行してもらうようお願いして
帰国の準備を進める事になるが、

日本の現在の入管法では”違法労働”をした外国人は

2度と日本に入国出来ないと定められている。

ๅึ
2022年のタイ人の出稼ぎ先のランキング
1位=台湾、2位=イスラエル、3位=韓国、
4位=日本、5位=スウェーデン







タイ人で出稼ぎをしようと考える人は

”借金”を抱えている人が多い。


一足飛びに借金を返し、早く楽になりたいと望む。

しかし渡航先の入管法等の法律の知識が乏しく、

ネット等には正確でない情報も溢れている。


このニュースの映像の中に出てくるタイ人は

方言から察してたぶん東北部の方だと思うが、

田舎のもう若くない人なら
”自分で調べるより、詳しい人に頼ろう”と、
出稼ぎのエージェントに頼り切り、
いいように扱われてしまう事も多いように思う。

23
      ガスもないので焚き火で調理






どちらにしても彼らは”騙された”事が明らかなのだから、
日本の入管も事情を考慮して
人道的な対処をお願いしたいと思う。


タイのニュース🟥三面記事2023/07/01)
拉致or人身売買?母子5人と帰らざるロンバケ

タイのニュース🟥三面記事2023/06/26)
【続報13】胎児死亡で緊急手術/毒殺妊婦

タイのニュース🟥三面記事2023/06/24)
なぜ出る自殺者?スワンナプーム空港の怪

タイのニュース🟥三面記事2023/06/23)
やっぱり!!夜の街もワイロまみれ!!

タイのニュース🟥三面記事2023/06/22)
バイク歩道走行自動摘発システムがスタート

タイのニュース🟥三面記事2023/06/21)
【続報】警察を買う米人Youtuber/過去も迂闊の極み

タイのニュース🟥三面記事2023/06/20)
タイ警察は金次第!!警官50人を買った米人Youtuber

タイのニュース🟥三面記事2023/06/19)
【番外編2】合わぬ辻褄/嘘つきは誰?/疑惑の福箱

御注意)シェアはご自由にどうぞ。

翻訳文の著作権は@MadokaraHiroshi.comに帰属します。

ご引用の場合はoroshigane16masako@gmail.comまでご一報下さい。
無断での転載・引用
・改変は一切お断り致します。
無断転載・引用・改変発覚した場合は
法的措置を取らせていただきます。


 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村


#タイのニュース #タイの三面記事 #タイから出稼ぎ #日本で働くタイ人 #出稼ぎ詐欺 #パクチー栽培  #農業現場で働くタイ人

 #ผีน้อยญี่ปุ่น

  #ข่าวช่อง8 #ข่าวไทยแปลภาษาญี่ปุ่น​ #คนญี่ปุ่นแปลภาษา #タイ語翻訳

このページのトップヘ