やっぱり!
やっぱり大阪こわい〜!
💦

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タイのコロナ対策早い!迅速!

なのだが、


日本と大きく違うのだが、
どう違うのか書いておきたい
🐱


1、感染者が出るとまず
  その地区を小さい範囲でロックダウン

  例えば1丁目だけとか、村ごととか。

  人の移動を原則的に禁止し、

  小さいうちに感染者の増加を抑える。


2、感染者の行動履歴SNSで確認できる

  感染者が何人に増えようが、

  全て番号で管理された行動履歴を確認できる。


3、感染者が増えると検問が増える

  検問所で体温計測が行われ、

  どこから来てどこに行くのか訊問される。


4、大きな店舗の入り口には体温計測の自動ゲート

  体温計測機、消毒アルコール、簡易手洗い用シンク

  

  小さい店舗には店頭、レジに消毒用アルコール


5、ある程度の感染者が出た時点で
  人の集まるイベントは
即刻中止

  学校も休校でオンライン授業


6、「トゥーパンスック」
  と呼ばれる棚をお寺や公共施設の前に
置いて
  失業などによって生活が大変な人のための
  食料援助やっている


ตู้ปันสุข


7、医療費を心配して疑わしい症状があるのに
  我慢する人が
出ないよう

  「疑わしい症状がある場合は即医療機関へ!

  医療費の心配はいらない!」
  書いた看板等が
町のあちこちにある。
covid

ざっとこんなところだろうかー

でも大きく違うのは他国で感染予防に成功している国があれば、
可能な限りまねしようとする姿勢かな。

日本の場合はすぐに
「日本では無理」とか、
出来ない理由ばかりを挙げてやらない理由にする。

全く同じでなくても、とりあえずやってみて合わないところは
調整していく、そう言う柔軟なところがタイらしくていいねんなー


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村