🥕🟢🐴🟣🥕🟢🐴🟣🥕🟢🐴🟣🥕🟢🐴🟣🥕🟢🐴🟣
元カレの生き霊とバンテリン🔥その1
🥕🟢🐴🟣🥕🟢🐴🟣🥕🟢🐴🟣🥕🟢🐴🟣🥕🟢🐴🟣


娘がまだ小学生ぐらいだった頃、
連休があるとよく勤めていた会社で軽自動車を借りて、
滋賀や岐阜など近隣の県の緑や温泉を求めて
車中泊の旅をした。


なぜ車中泊かというと、費用を安く上げるのもあるが、
ワタシは海外だろうが国内だろうが、
どこに行くにも一般的な観光地というのに興味がなく
その土地の人の普段の暮らしに触れたいからだ。




岐阜に行くならタイムリー!山の中にもポツンとあったりして、
いくつかの店舗では”釣用品” も販売していて、
車中泊旅のクーラーボックスの必需品 ”釣り人用のデカイ氷” が買えた。



岐阜方面によく行くのは
自然が多いのと、
立ち寄りの温泉あちこちにあったからだが、
岐阜弁のちょっとおっとりした響き
妙にポヨーンとした性格の人が
多いのが特に気に入っていた。

当時住んでいた大阪府東部の郊外都市から
岐阜に向かうのに有料自動車道市街地避けて

大阪府枚方市の山手の方から京田辺、
城陽市
を抜けて信楽(しがらき)、
そして関ヶ原を通るコースをよく選んで走っていた。


あれは2003-4年ぐらいの
ゴールデンウィークだったかと思う。


3泊4日で岐阜方面の立ち寄り温泉を
車中泊で巡った旅の
最終日
岐阜県内の山の中の道の駅で車を止めて寝ていた夜、
二年ほど前に別れた男性がいきなり夢に出て来て


「今の嫁ハンとうまいこと行けへんねん。
相談に乗ってくれ」


と言う
電話がかかって来たを見た。


”嫌な夢やなー”と思ったが、


その旅に出る少し前に家の近くの商店街

その男性が連れ合いと思われる女性
歩いてるのを見かけた事があった。


だからその夜はそんな夢を見たんやろうな
何となく思っていた。


そして、そんな夢を見た次の日の夕方
岐阜から大阪への帰り道


関ヶ原から彦根を抜けて信楽(しがらき)に近づいた頃、
ワタシの携帯鳴った


運転中だったので助手席にいる娘に
「ちょっと、出て」と頼んだ。


娘は多少邪魔くさそうにしながら
ワタシの鞄から
ゴソゴソと携帯を取り出し、
受信ボタンを押す。


「なあ、この電話
”W夫やけど、また一緒に飲みに行けるよなあ”
とか言ってんで、どうする?」


は?W夫?何でやのん?

何で電話かけて来れるの?


ワタシは慌てて娘に

「切って!切って!」と言って
その電話を速攻で切らせた。


そう!それは夢に出て来た男性で、
以前、何度もヨリを戻してくれと
しつこく電話をかけてくるのでブロックしてた
例の相手だった。


何でまた?

ブロックしているはずなのに…。


後から確認した着信履歴の電話番号

全く知らない番号だった。


(その2に続く)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村
#生き霊 #バンテリン #見えないもの #心霊体験 #正夢
#車中泊 #車中泊の旅 #立ち寄り温泉