古都チェンマイでエクソシスト 本編25

🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿


(前回の話↓)
古都チェンマイでエクソシスト 本編24

(最初からお読みになりたい方はこちら↓)

古都チェンマイでエクソシスト 本編1


ーーーーーーーーーー
(だいたいのあらすじ)

2019年3月下旬の早朝、
「エンジェルナンバー」解説ページの管理者の
ヒーラーさんから
「黒魔術」のようなものをかけられて
錯乱状態に陥り、半裸で市場を徘徊した娘。


とにかく徘徊を止めたくて、
バンコクのスピリチュアルに詳しい友人から
紹介を受けた霊能者(ヒーラー?)のTさんの
遠隔施術により、徘徊は止まるが

今度は霊魂のようなものが
入れ替わり立ち替わり入る状態になる。


2019年5月、
一時は回復した娘がまたおかしくなって来たが、
手持ち
資金も少なく
施術を続ける事ができなくなった


そこに2020年が明け、コロナで7月に店を閉店。
従業員への補償等で一気に困窮状態に陥り、
娘と心中する事を考えるが、

心配して乗り込んで来た親友のEさんに目を覚まされ思いとどまる。


そして2021年3月、命からがら帰国。

ーーーーーーーーーー


2019年3月に娘が錯乱状態になって以来、
引越しを二度ほどしたが、
荷造りもやるのはワタシ一人。


タイ国内の引っ越しは
細かいものをゴミ袋やカゴに入れたものを
雇った乗り合い自動車に積んで運ぶだけなので
時間はかからないが
(タイは家具、家電付きの住居が多い)

今回は全て海外引っ越し会社
N社の段ボールに詰めなければならない。


釈迦頭



それも荷物の容積を極限まで減らして
引っ越し費用を最大限安くしなければ、
ワタシがタイドラマの翻訳で稼いだ金額では賄えない。


金銭的にギリギリで、
日本に帰国後の生活の立て直しも危ない


その時、娘の洋服を荷造り中に
思わぬものを見つけた。



子供の頃からのお年玉やら、
バイト代やらを貯めたお金を入れた箱だった。


「助かった!」


これを見た瞬間、ワタシはこう思ってしまった。


たとえ、親子であれ、これは盗みだ。


金額は30万円ほど。



それでも、帰国の費用が足りるか足りないか
ドキドキの状態での30万円は
涙が出るほど有り難かった


娘の精神状態が普通でないのをいい事に、

ワタシはそれを「黙って借りる」事にした。


“日本に帰って、生活を立て直し、また働いて返そう”
と一人で決めた。



それでも、罪の意識と言うのは消えず。

事ある毎に思い出しては、
一日中ボーッと立って表情のない娘の後ろ姿に
「ごめんなさい。ごめんなさい」と謝っている。


そして、帰国する日の2日前の夕方、

出かける支度をするにも2時間以上かかる娘を急かして、
やっとこさ病院にPCRを受けに行く。



あと、ドキドキなのは飛行機の出発時間に、

間に合うように娘を身支度させる事ができるか?

と言う不安だ。


3月18日
19:00のチェンマイ発バンコク行きに乗り、

バンコクの空港で一泊して
朝8時の関西空港行きに乗るのだが、
バンコクの空港で座って寝たりして待っている間、
娘がおねしょをするのではないかと言う不安がある。


かと言ってなんとか事前に防ごうと、

大人用おむつとか
パンツ型の吸収力の高いナプキン
つけさせようとしても大激怒で拒否されてしまう。



もう、ここは賭けるしかない


もし、おねしょされても
空港のベンチはプラスチックだから拭いたらOK。

それから娘を着替えさせて…。


でも、万が一、飛行機の座席でされたら…。


とにかく、
娘を飛行機の中で寝ないようにさせなければならない。

(続き↓26話)
古都チェンマイでエクソシスト 本編26

#霊障 #心霊体験 #帰国困難 #コロナで困窮 #海外で困窮
#大人のおねしょ #エクソシスト #統合失調症 #チェンマイ #大阪おかんの店 #お惣菜店


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ